会長メッセージ

2019~2020年度

国際ロータリー第2570地区 第5グループ

第32代会長 並木 信二

ロータリークラブは、地域別でクラブに入会しているわけではなく自分が選んだクラブに入会します。各クラブは既存のクラブをスポンサーとして創立されてきました。
熊谷市内には5つのクラブがあり熊谷籠原ロータリークラブはそのひとつです。
他のクラブを見てみますと会員の住まいや職場は熊谷市内外にわたり広範囲です。
しかし、私たちの熊谷籠原ロータリークラブは、籠原地区にお住いの方や職場がある会員が多く、何か特別なクラブのような気がします。活動場所も籠原駅周辺や別府沼公園の清掃、地元自治会への防災倉庫等の寄贈など地域に密着した活動を行ってきました。
昨年度には当クラブの創立30周年の記念事業として、籠原地区の区画整理事業の完成と合わせ、籠原駅前のロータリーに、ロータリーの3本の柱(ロータリークラブ・国際ロータリー・ロータリー財団)をイメージした時計塔を寄贈する事ができました。

国際ロータリーの活動は世界中で行われています。このような国際的な奉仕活動を支援できることもロータリークラブの会員であるからだと思っています。奉仕活動に少しでも興味のある方や今の生活を少し変化させたいという方は、是非ロータリーに参加していただきたいと思います。

私は今年で入会12年目をむかえたところで、それほど会員歴は長い方ではありませんが、入会してから1年、また1年とロータリーライフを過ごしていますと、年々ロータリーライフが楽しくなってきました。
この楽しいロータリーライフをクラブの外へ、まだロータリーをよくご存知ではない方へ発信していき、仲間を増やしていきたいと思っています。
今年度も熊谷籠原ロータリークラブは、さまざまな活動をしていきたいと考えていますので、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

テーマロゴ

△ページトップへ